2019年11月30日

リチャードジノリ(Richard Ginori) ローズブルー シュガー 200cc



ブランド名 リチャード・ジノリ(イタリア)
シリーズ名 ローズブルー
オプション ラッピング
サイズ 横幅11×高さ11cm 200cc
ジノリの伝統的な「ベッキオ」のシェイプにバラの花を描いたローズブルー。1996年秋に発表された作品です。独特のぼかしで繊細な表情の青いバラが描かれています。染め付けを思わせる色使いと、余白を生かした構図はオリエンタルの影響を色濃く受けたもの。イタリアで最初の磁器窯ジノリの伝統を感じさせるシリーズです。釉薬の下に絵柄を描き高温で焼くアンダーグレイズの技法を取り入れているので、電子レンジや食器洗い機にも大丈夫です。

posted by 阿弥陀如来 at 17:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ドルチェセット



ブランド名 リチャード・ジノリ(イタリア)
シリーズ名 ベッキオホワイト
オプション ラッピング
「セット内容」
・ティーカップ&ソーサー ×2
・ピクルスディッシュ ×1
計3点セットとなっております。
リチャードジノリの永遠の定番といえるのがベッキオホワイト。硬質磁器の代名詞とされるほどです。バロック様式の格調高いシェイプは、規則正しいバスケットの編み込み模様と、中心に向かって大胆に入ったレリーフのラインが特徴です。

posted by 阿弥陀如来 at 21:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

リチャードジノリ(Richard Ginori) レッドコック コーヒーポット 0.87L



ブランド名 リチャード・ジノリ(イタリア)
シリーズ名 レッドコック
オプション ラッピング
サイズ 口径7.5×横幅22×奥行き12.5×高さ19cm
今から250年ほど前、ヨーロッパに渡った有田焼の絵皿に描かれた「粟とうずら」が、創業者カルロ・ジノリの時代にモチーフとして使われ始めました。リチャード・ジノリの数あるパターンの中でも、とりわけ日本の影響を大きく受けたシリーズです。時とともに、うずらは鶏に姿を変え、現在の図柄になりました。

posted by 阿弥陀如来 at 15:37| Comment(0) | ティーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。